読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えむ式

シンプルに生きるための備忘録のようなもの

断捨離したキッチングッズから見えてきたモノを捨てられない3つのダメ思考

断捨離をすすめていると、かつての自分のダメさ加減に笑うしかないことが度々あります。なんでこんなモノをしまい込んでいたんだろうか?そもそもなんでこんなモノを買ったんだろうか?そんなおバカなモノたち、今日はキッチン編です。

 

1.吸盤式のフック

キッチンの壁に張り付けて、そこにお玉とかを掛けて使用するモノ。

f:id:emushiki:20161103215313j:plain

ところが、これが壁に張り付けて何かを掛けると、吸盤が弱いのかすぐに落ちてしまうのです。全然使い物にならなくて、ずーっとキッチンの引き出しに入っていました。しかも何度かの引っ越しの時にもそのままくっついて移動しています。そもそも、何かモノを収納するとか保管するとかの必要がある時に、そのためのグッズを買うということが間違っています。収納家具や収納グッズに頼ろうという思考は、シンプルライフとは逆のものです。

 

2.漬物容器

ふたの部分にばねが付いていて、きちんと蓋を締めると中の野菜に圧力が加わわるようになっています。とても小さいサイズです。ボールペンで比較しています。

f:id:emushiki:20161103221001j:plain

夫が浅漬けの漬物が好きなので、これで少量をちょこちょこ漬けて食卓にのせようと考えたのです。実際それなりに活用したのですが、別にこんなモノがなくても漬物を漬けることはできるので、いつの間にか戸棚の奥の方に押し込められていました。やはり道具に頼るのはシンプルライフに反しています。そしてこれも何度かの引っ越しの時にもそのままくっついて移動しています。

 

3.食卓カバー

フードカバーと呼んだりもするのでしょうか。作り置きの食事をハエやホコリなどからカバーするためのモノです。

f:id:emushiki:20161103222215j:plain

当時夫の帰宅が遅かったので、テーブルに用意した食事をカバーしようと考えて購入しました。でもサイズが小さくて役に立たず、やっぱり戸棚の奥の方へ。そして、くどいようですが何度かの引っ越しの時にそのままくっついて移動しています。

 

4.ケーキ用ボックス

ケーキを焼いて持ち運ぶつもりだったようです。

f:id:emushiki:20161103231217j:plain

特にどこへ持っていくという予定があるわけでもないのに買っちゃったのです。しかも100均で購入したのではなくて、それなりのお値段だったような気がします。結局、戸棚の奥で忘れ去られていながら、「もったいない。」ということで捨てずに、やはり何度かの引っ越しの時にそのままくっついて移動しています。

 

5.ケーキ用デコレーション

ケーキ用のデコレーショングッズです。クッキーの空き缶に入っていました。

f:id:emushiki:20161103225215j:plain

市販のクリスマスケーキに付いていたデコレーションを、再利用できるかもと思って捨てずにいたものです。そもそも、クッキーやパウンドケーキくらいは焼くけど、デコレーションケーキなんて作ったことがないのです。そしてまたまたくどいようですが、これも何度かの引っ越しの時にそのままくっついて移動しています。

 

こうしてみると、モノを捨てられない3つのダメ思考が見えてきました。

 

  1. 何かを片付けたり作ったりするときに道具が無ければならないという、道具に頼る考え
  2. 「ケーキを焼いて誰かにプレゼントするステキな私」などのイメージ先行、かつ人から見られる私を意識する考え
  3. 新しいモノだから、まだ使えるモノだから、捨てるのはもったいないという考え

 

これらの思考を手放すと、断捨離がスムーズにすすんでいきそうです。